お役立ちコラム ー 目にする情報には気をつけよう

ネガティブなニュース

ソフィアージュ青山です。

 

最近、ずっと家にいることで、ニュースやテレビなど目にする機会が増えてきた人も多いと思います。

今日はそんな方に、目にする情報には気をつけようという話をしたいと思います。

  

韓国では、一人2時間、コロナウィルスの情報を探したり、読んだりしているというニュースがありました。

 

多かれ、少なかれ、日本もあまり変わらないかもしれません。

 

私は、人間が聞いて理解できる情報量は、人によってあまり変わらないと思っています。

 

つまり、

 

マイナスなニュースをずっと耳にしていると、その他の情報量を頭に入れられなくなります。

 

常にネガティブな情報に触れているのは、ストレスの観点でも非常に不健康です。

 

健康的で前向きに生きていくためには、やはりポジティブで明るい未来像を描いている必要があります。

 

そういう中では、現状の常にマイナスの情報、不確定な未来を報道しているニュースを聞いていることは、

 

マイナス効果を生んでしまいます。

 

できるだけ、ポジティブな側面に注目していく。

 

人と話す。

 

ネガティブな情報を不要に集めない。

 

このように、ポジティブな態度、インプットを得ていくことが前向きでモテる人の態度です。

 

マイナスニュース、集めてもあなたの人生に役に立たないですよね?

 

選ぶニュースには注意しましょう!

 

  #結婚相談所#青山#海外駐在

婚活お役立ちコラムへ戻る